efoでビジネスチャンス

エントリーフォーム最適化を推し進めるのであれば、以下の点に着目しましょう。まずは、全角の仮名や数字などは、入力することで自動的に半角に変換します。郵便番号の入力フォームでは、ハイフンを入れても入れなくても記入できる仕組みが必要です。

入力している段階で、途中断念をさせないためにもアラートメッセージをパソコン画面にポップアップ表示させること。エラーメッセージはすぐに表示させることで、その場で対応ができます。意外に多いのが、最後まで記入したのに、訂正箇所の項目までポンと一気にもどり、赤字で表記されてしまうことなど、頻繁に起こってしまう内容でしょう。

入力項目には、〇営業日以内に対応します。パソコンに書き込むことが苦手なターゲット層のためにも、電話番号をわかりやすい箇所に大きな字体で記載しておくことが必要です。とにかくエントリーフォームでは必要最低限の内容だけでも変更することをおすすめします。

記載内容が少なければ、それだけ入力項目を完璧に記入できると言えるでしょう。文面はとにかく短くします。ストレスを感じることなく最終項目まで記載させるように働きかけましょう。それこそエントリーフォーム最適化にピッタリでしょう。