efoでビジネスチャンス

エントリーフォーム最適化を推し進めるのであれば、以下の点に着目しましょう。まずは、全角の仮名や数字などは、入力することで自動的に半角に変換します。郵便番号の入力フォームでは、ハイフンを入れても入れなくても記入できる仕組みが必要です。

入力している段階で、途中断念をさせないためにもアラートメッセージをパソコン画面にポップアップ表示させること。エラーメッセージはすぐに表示させることで、その場で対応ができます。意外に多いのが、最後まで記入したのに、訂正箇所の項目までポンと一気にもどり、赤字で表記されてしまうことなど、頻繁に起こってしまう内容でしょう。

入力項目には、〇営業日以内に対応します。パソコンに書き込むことが苦手なターゲット層のためにも、電話番号をわかりやすい箇所に大きな字体で記載しておくことが必要です。とにかくエントリーフォームでは必要最低限の内容だけでも変更することをおすすめします。

記載内容が少なければ、それだけ入力項目を完璧に記入できると言えるでしょう。文面はとにかく短くします。ストレスを感じることなく最終項目まで記載させるように働きかけましょう。それこそエントリーフォーム最適化にピッタリでしょう。


efoを導入する

エントリーフォーム最適化、efoの導入をすることは、なぜウェブサイトに必要なのでしょう。それは、ウェブサイトからのアクセスのうち、途中で断念してサイトから離れていってしまう人が多いのが、注文やお問い合わせなどの入力フォームだと考えられています。

なぜそのようなことが言われているのか具体的に説明します。お問い合わせ項目では、名前から住所まですべてを入力しなければ、内容を記入することのできないサイトがあります。また、商品などの問い合わせでも、会員登録を済ませていなければ入力できない場合もあります。入力中に戻るをクリックしたり、サイトの矢印で前のページに戻ってしまうと、また一から記入しなければいけない、カタカナ表記など半角で記入していてもエラーメッセージが出てしまい、何度となく繰り返し、挙句の果てにイライラして面倒になり、そのサイトを閉じてしまうことに繋がります。このように、入力させる項目が増えれば増えるほど、時間や労力はかかり、ストレスの原因になると考えられています。これでは本末転倒です。

日本各地や、世界中の方々が欲しい商品を手にすることなく、ウェブサイトで吟味して購入に至るまでのプロセスとして必要不可欠なのが申込者の必須項目である入力フォームです。この入力を簡素化することで入力の手間を省くためのツールが、efoになります。


efoとは

「efo」を導入するメリットについて考えたいとおもいます。まず「efo」とはどのようなものか説明します。ネット事業関連の仕事をしている方であれば、「efo」が何なのかすぐに答えることができるでしょう。エントリーフォーム最適化といえば理解できるかもしれません。efo=エントリーフォーム最適化で、インターネットなどで展開されている企業のウェブサイトへの申し込みや登録など、お問い合わせするための入力フォームを簡単にすることで、ストレスなく入力フォームの最後まで記入される、要するに途中で諦めて断念することを防ぐための対策だと言えます。

企業のサイトを訪問するのは主に一般ユーザーです。企業の看板商品が掲載されているウェブページへのアクセス、商品を販売している場合には、まずはカートに商品を入れて、注文フォームに必要事項を記入します。最後にて、購入ボタンをクリックすれば、商品は確実に手元に届くことになります。これがネットショッピングです。一度でもインターネットでの買い物をした方であればお気づきの点があるでしょう。それは、カートに入れた後の住所や会員登録などの入力フォームが煩わしいと感じることです。

住所にふりがな表記を入力して、全角でカタカナ入力すれば、半角でなければ受け入れないと訂正マークが表示されて、その先のステップへ進むことができなくなります。そうすると時間がない場合にはその場で入力することを止めてしまうでしょう。あと一歩で商品を購入してくれたかもしれないのに、大きなビジネスチャンスを逃してしまったようです。もっと簡素化に、入力する顧客のことを考えれば、無駄なことをしているのが一目瞭然です。エントリーフォームの最適化を検討して、ストレスなく利用できるサイト作りを取り入れてみてはいかがでしょう。